pmon.jcom.to
トップピーモンとは > 研究:ナチュラルピーモン
研究:ナチュラルピーモン
より原種に近いとされるピーモン
希少な種目。2000年3月に発見された種目。一般的なピーモンとの違いは豆床(ずしょう)から伸びた複数の枝と、本体中央に巻きつくように生えたマフラーのようなヒダ。そして頭部から天に向けて生えた葉が特徴。
まだ多数の未解明事項があるが、自然界で目撃・撮影される時のサイズが他の種目と比べてきわめて小さく、数センチであることが分かっている。
ナチュラルピーモン
写真 に写る姿と、実体化した時の姿の寸法が、ほぼ1:1である事から、この種の及ぼす影響範囲は非常に小さいのではないかと推測され、この事から一般的なピーモンに比べてより原種に近いという仮説が立てられる。
一説では、この種がいくつも集合したものが、従来目撃されている「ピーモン」であり、集合体であるが故に何らかの力が増加して、可変的な姿で目撃されているのではないかという説がある。

バックリンク(0) 参照(3134)
■追記



ピーモン研究室 1993-2012 OnomichiPmonKouboh All Right Reserved.
ピーモンに届くかもしれないメール当サイトについて著作権
Pmon